BOSS BURNOUT

BLOG

2020.04.06ブログ

BOSS STUDIO SONG♫✨🌸


桜舞い、春らしい季節へと変わりつつありますね🌸✨





そんな春にぴったりの軽快なBOSS STUDIO SONG ができました😄🎵





作詞作曲は石川県出身のアーティスト「エイトマン」です🎤✨





気になるBOSS STUDIO SONGは ⇒こちら⇐





エイトマンについてはこちら↓↓↓





【PROFILE】





八万大介 Daisuke Hachiman





平成2年4月20日に地元石川県で生まれる。特に家系が音楽一家なわけではないが、両親が音楽好きで幼い頃からフォークソングや昭和歌謡演歌を大音量で聴いて育ち、幼い頃から父の影響でフォークギターを独学で弾いていた。





18歳の頃に友人と行ったレゲエのクラブで偽りなく歌うMCに影響を受け、歌い手になることを決意。高校を卒業後、音楽を勉強するべくジャマイカへ渡る。日本へ帰ってからは自分のスタイルとは全く別の畑である北陸UMBフリースタイルバトルにて準優勝、北陸アーティストのトップを争う「road to HARD DRIVE」にて優勝、数々のバトルで入賞する。





2013年にはサクソン音楽堂から「ドレミMINE」を初のデジタルシングルリリース。2014年には次のアルバム制作の為、ジャマイカへ渡る。





日本へ戻ってからは白山スタジオで当時、mixingを担当していたRenato Iwaiに出会う。待望のminiALBUM”Y・O”をCDリリースした。rec,mixing,masteringは全てRenatoが担当。





2015年にはRenato Iwaiプロデュースのもと、全てアナログ録音にこだわった1枚の2nd mini ALBUM’’キマッテル’’をCDリリースした。その後、プロバスケットボールリーグ Bリーグ の石川県チーム “金沢武士団”のアリーナMCに就任。





2016年、b3リーグになった金沢武士団にテーマソング「サムライバスケ」を提供。そして「ナカタヤスタカ」プロデュースである北陸最大フェス「OTONOKO」への参加を果たす。





2016年、リリースワンマンライブでは金沢だけで300人を動員させる。





2018年、自身初であるホールワンマンライブを成功させる。





歌の上でならどんな気持ちをも素直に表現できる素直な声音。一度耳にしたら癖になってしまう歌いまわし。





ジャンルへの概念を捨て、演歌、歌謡曲からブラックミュージックなど音楽そのものを自在に取り入れているスタイルこそが今のエイトMANであり、今後に期待のエイトMANであろう。エイトMANの行く先は、日本語による楽曲で世界中の人が集まる会場にてスタンディングオベーションすることである。


BOSS BURNOUT

体験トレーニングのご予約
・お問い合わせ

ご予約はお電話または
コンタクトフォームよりお問い合わせください

080-1167-1624

Grant BOSS Groupの公式サイトはこちらから!