BOSS BURNOUT

BLOG

2018.11.26ブログ

トレーニング用語📗⑫アウターマッスル

さぁ😊🔥

前回✏️📖したインナーマッスル☝️


インナーがあるならば…

アウターもあります😎🔥❗️


本日は『アウターマッスル💪』について学びましょう😁💎



〜こんなこと思いませんか😶❓💬〜

Q インナーマッスルとアウターマッスル、重要さで比べればインナーマッスルが上でしょ❓🤔

Q とりあえず、インナーマッスルだけ知っておけば、アウターマッスルの知識はなくても大丈夫な気がする🙄💭



【アウターマッスルとは😎❓】

♦️アウターマッスル=表層筋

◉三角筋や大胸筋など、目でしっかりと確認することのできる身体の表面に近い部分に存在する筋肉です☝️✨

◉ほとんどが、意識を筋肉に向けることによって動かすことができる「随意筋ずいいきん」で、意識的にトレーニングしやすいのも特徴です☝️✨

◉身体を動かす時に大きな力を発揮したり、関節を動かしたり、骨を守る重要な役割を持っています☝️✨

◉トレーニングマシンやダンベルなどを使って行われる負荷の高いウエイトトレーニング🏋🏻‍♂️は、アウターマッスルを中心に鍛えていると言えるでしょう😎☝️✨



【インナーとアウター🤔どちらを鍛えればいい🤔❓】

💠運動選手などは両方をバランスよく鍛えることが理想的です☝️
女性のボディメイクなど💄においては、インナーマッスルを重点的に鍛えるなど、一人ひとりの『なりたい身体✨』『目指したい身体』によって、その割合は変わります☝️✨


💠もともと身体全体の筋力が弱い人がインナーマッスルだけを鍛えても、根本的な原因は解決されず、効果が期待できない場合もあります☝️

💠自分が理想としている身体や目的によってトレーニングを行っていくことがよいです😊☝️🔥



⭐️アウターマッスルの魅力😍⭐️

外から触れることが出来る筋肉で、強力な力を発揮できる事が特徴のアウターマッスル💪🔥

外側にある筋肉の為、鍛えると外見の変化が分かります😎

肉体を変えたい😎マッチョになりたい😎
そんな方は、インナーマッスルも鍛えながら、主にアウターマッスルをメインで鍛えていくこととなります💪🔥


一般的な自重・マシン・フリーウエイトトレーニングで鍛えることができます😎
見た目が変わっていくため、モチベーションも高まります😎☝️

BOSS BURNOUT