BOSS BURNOUT

BLOG

2017.11.15ブログ

自己紹介と「五感のある暮らし」とは


 
マインドフルネス(mindfullness) のトレーナーとして活動させていただいております、岩井伸太郎です!
 
現在、25歳!BOSSトレーナーの中では、最年少です!
 
 
マインドフルネス(mindfullness) とは

《今この瞬間に生じている経験に気づき、判断せず反応せずに心を留めること》

であります。
 
例えば、「お茶」を飲むことに関して
 
湯飲みに入ったお茶を飲むときに、考えごとをしながら飲んでも、美味しくはなく、味わおう、ができておりません。
 
お茶の味や温度、飲んだ後の鼻から抜ける香り、身体が温まっていく感覚。

たくさんの「今生じている経験に気づく」ことで、意識は今を大切にしだします。
 
そして、飲んだお茶に対して

「昨日飲んだお茶のほうが美味しかったなぁ」

と判断していては、美味しく飲めません。
比較なく、ありのまま 湯飲みに入ったお茶を味わい尽くすのです!
 
 
日本の「道」という道は
 
花道、茶道、柔道、合気道、柔道、、、

たくさん道がありますね!


1つひとつと真面目に向き合ったとき
「今に集中してできなくなる」と、「考えること」の質が低く、味わおうとしていない。

マインドフルネスは 生活のすぐそばにあり、既に体感して、幸せに気づく経験はされているはずです。
88
そのサポートをしているから、今に生きることができます。
現在 25歳。石川県加賀市の日谷町という場所で 山の暮らしをさせていただいております。
猿やカモシカも出てきますが、自然の中での暮らしは、たくさんの気づきがあります。

また、

 
今日は初めましてのBLOGということで

ますは 自己紹介からさせていただきます!
 

私が瞑想と出会ったのは、3年前。
大学3年次に始めたヒッチハイクでいただいたご縁から海外を旅し、地球一周することと、なりました。
 
大学4年次に1年間の休学をし、地球一周旅を行いました。その中で ネパールにて10日間誰ともコミュニケーションをとらずに修行するヴィパッサナー瞑想を受けました。
 
10日間での瞑想時間は100時間以上です。
ネパール奥地の山の中で素晴らしい経験でした。 
 
そこでの体験から継続していく中で
出来上がったマインドフルネスをお届けしております。
 
 
ここで、自己紹介を終えさせていただきます。
 
そして、未来について話させていただきます!
 
 
どこに向かって、生きているのか?
 
掲げている理想の世界、つまり お客様にお届けしたい想いを書かせていただきます。
 
 
 
それは
 
【五感のある”暮らし”の中で
 
 一人ひとりが人生の主人公として
 
 見えている世界を素晴らしいものにしていく】
 
というコンセプトです。
 
 
一人ひとりの「生きる」を精神面から支え、質の高い人生になるサポートを全力でさせていただいております。
 
本日は1行目の《五感のある暮らし》について、書かせていただきます。
 
 
私たち人間は、生きていく中で
 
五感を通して あらゆる情報がやってきます。
 
 
その情報をもとに、その後の行動やモチベーション、体調に大きく影響を及ぼします。
 
 
五感とは、目・鼻・口・耳・皮膚 です。
 
その五感を通してやってくる情報を受け身ではなく、能動的に使っていただきたくことが重要となってきます。
 
 
〓能動的な五感のあり方 とは
 
見えている → 見る

匂いがしている → 嗅ぐ
 
味がしている → 味わう
 
聞こえている → 聞く
 
触れている → 触れる
 
 
何にも変えなくていいんです。
自分の意識を変えてみましょう。
 
 
次の2つの事例を挙げてみます!
 
①「味覚」に関して
 
「ながら食べ」をよくないことだと思いながらも続けてしまっている人が多いようです!
 
テレビや携帯を見ながら
考えながら
誰かと話しながら
 
すべての食事から ながら を削除する必要はありません。
それでは一人ぼっちになってしまいます。
 
1日のうちの1食は、丁寧に味わって食べてみてはいかがでしょうか?
 
それだけで、これまでの日常が新日常に変わっていく。

 
②「聴覚」について

日々の生活の中には、自分が求めていない音もたくさんあるでしょう。

電車の音、工事中の音、不平不満の声。
 
自分の生きている世界から、これらの音を削除することは、できません。
 
じゃあ、どうするのか?というと
 
《音に対して「ありのまま」感じる》
 
であります。
工事中の音も、よーーーく観察してみると
 
かーん
どっどっどっど
ボトン、ボトン

いろんな音が重なり合って生まれている音です。
まるでオーケストラの音。

そのように、音を感じることができるならば
 
この世界から雑音がなくなっていく。
 
正しくは、不快に思う音がだんだん減っていく。
 
ありのまま見つめる練習をトレーニングの中で、取り入れていただきたいです。
 
また、山での暮らしの中で「音を立てない」という意識で生きてみるのも、面白いでしょう。
不思議なことに、音を立てないと、音が聞こえてきます!
 
足音や、ご飯を食べる時、誰かと話す時
心がざわついている時、人は刺激を求めて、大きな音を立てる傾向があります。
 
音を立てない練習をしていると、自然の音がやってきます。
 
小鳥の鳴き声・川の流れる音・人が歩く音。

私たちの周りには、自然とたくさんの音が流れている、そんな気づきを得るきっかけにも、なりますね^^
 
 
以上が「五感のある暮らし」です❗️
 
来週は、自分の人生を主人公として生きるには
 
を送らせていただきます!
 
お読みいただき、ありがとうございます(^ ^)
BOSS BURNOUT