BOSS BURNOUT

BLOG

2018.11.28ブログ

トレーニング用語📗⑬有酸素運動

さぁ(笑)😎🔥
やってきました『有酸素運動』😎🔥✨


会員様のトレーニングメニューにも
盛り込んでいる有酸素トレーニング💪🔥


「始まる前のトレーナーさんのにこにこ笑顔が怖い😂🔥笑」

「きつい〜❗️🤣」 などなど🎶


有酸素トレーニングの時間になると、スタジオの熱量もぐんとヒートアップします🤩☝️


有酸素運動が身体に与えてくれるメリット✨を
今一度チェック🕵️‍♂️🔎していきましょう‼️


【有酸素運動とは…🤔🏃‍♀️💭】

🔷『有酸素運動』は、酸素を体にしっかりと取り込みながら、負荷の軽い運動を時間をかけてゆっくりとおこなうことを指します☝️

🔷有酸素運動の例を挙げるならば、ウォーキングや軽いジョギング、水泳、エアロビクスなどがあります☝️

🔷『有酸素運動』の特徴は、脂肪燃焼効果🔥があることです☝️



【有酸素運動の脂肪燃焼効果🔥を高めるポイント🔎】

① 有酸素運動は20分間以上が理想⏰

・運動を始めて20分以内では、脂肪ではなく、グリコーゲン(糖質)が主なエネルギー源として利用されます☝️

・メインのエネルギー源がグリコーゲンから→脂肪に切り替わるタイミングは運動を始めてから20分後といわれています☝️
(📗厚生労働省が提供する健康情報サイト「e-ヘルスネット」にも記載)


②呼吸ができる・軽く会話できる程度のキツさが理想🏃‍♀️

・有酸素運動では、酸素が脂肪を燃やす燃焼材として用いられます☝️

・有酸素運動であるかどうかは、その運動をすることで運動をする人にかかる負担の度合い💪その人自身が感じる「きつさ」によって変わります☝️

・例えば🙄💭…
スポーツ選手にとってはAというパターンの運動が、有酸素運動になり得た🔴としても、一般の方にとっては負荷が重すぎて、有酸素運動になり得ない🔵可能性もあるということです☝️

◉有酸素運動ではその人にかかる負荷の大きさが重要なのです🤗✨



【有酸素運動だけしても🆗ではありません🤭❗️】

「よぉーし❗️ダイエットには有酸素運動ね❗️
脂肪を落としてスリムな体を目指すわよ〜💋❗️」

という思いを抱いている方🤗✨


脂肪を落とすためには今回紹介したように有酸素運動が効果的ですが👀…ダイエットにおいては『脂肪が蓄積されにくいカラダ』を作ることも大切です☝️✨

脂肪が蓄積されにくいカラダというのは、つまり「基礎代謝が高いカラダ」💪👫🔥ということです☝️

その基礎代謝を向上させるためには筋トレをして筋肉量を増やす必要がありますね☝️

また、同時にバランスのとれた食生活を実践することも大切ですね🤗✨

理想のボディに近づく、ボディメイクしていくには
「有酸素運動🔥」「筋トレ💪」「バランスのとれた食事🐟🥩」などがポイント🔑ですよ🤗✨
BOSS BURNOUT